ルピアコート西大宮

ここが狙い目! 「『大宮』に近くて新しい街」

美しく、安心安全な未来を創る。

新しい街のゲートとなる西大宮駅北口周辺はさいたま市西部の新たな拠点として整備されていきます。利便・快適性に満ちた魅力ある都市機能と、ゆとりや潤いにあふれた自然環境との調和の中に、約13,000人の笑顔が弾ける街が誕生します。


マンションも戸建も
不動産の価値は駅の近さにあり!
購入時はもちろん、将来の売却時の価値を考えると
駅徒歩5分前後のエリアか否かで大きく差がつきます!


「ルピアコート西大宮」なら歩道で安全!
駅から信号なしでフラット!
便利さを実感しながら安心して暮らせます

住まい選びの基準となるのは、やはり駅からの近さ。中でも徒歩5分前後のエリア内かどうかは、将来の売却時の価値にも大きく影響します。「ルピアコート西大宮」は、駅徒歩6分という近さに加え、信号を渡らずに歩道のみを通ってわが家へ帰れる立地。安心と安全が約束されたポジションです。

「西大宮」エリアで探すなら
16号バイパスの内側がいい!
国道を渡るか否かで暮らしやすさに差がでます。

交通量の多い国道16号線は、駅前エリアと北部エリアとを隔てる境界線。これを渡るか否かで駅からの分数など利便性に差がつきます。「ルピアコート西大宮」はバイパスの内側に立地。また、通学校の指扇小学校へも幹線道路を渡らず安全なルートで通学でき、小さなお子様にも安心です。

※掲載の完成予想図は、設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。※内装写真は同仕様の参考写真及びイメージです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。

快適性

選ぶなら「『二重床・二重天井』は絶対条件」

将来のメンテナンスで大きな差が付く。


鉄筋コンクリートで造られるマンションでは、給排水配管が床・天井に埋め込まれていたり、下がり天井としているケースも見受けられます。そのような構造では、将来のメンテナンス時に大掛かりな工事が必要。二重床・二重天井なら、そんな心配はいりません。

見た目もスッキリ広々とした印象に。


「ルピアコート西大宮」では、球体ボイドスラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重床・二重天井を採用。空間に圧迫感を与える下がり天井が少なく、さらにアウトフレームレイアウトにより柱の出っ張りも軽減しました。すっきりとゆとりある暮らしを実感できます。

耐震性

戸建では真似できない「『拡底杭』の安心基礎」

■建物の基礎・杭基礎及び基本構造

足元をしっかり固めた堅固な構造
=「アースドリル拡頭拡底杭工法」を採用


約38.6m下の支持層に既成基礎杭をウエストコート:21本、サウスコート:18本(Ⅰ棟:10本、Ⅱ棟:8本)、イーストコート:17本、計56本打ち込むアースドリル拡頭拡底杭工法を採用(一部除く)。建物を力強く支える堅固な基礎構造を実現しました。

構造強度が増すダブル配筋造


外壁・戸境壁は、コンクリート内に鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋としました。シングル配筋よりも強度が高く、万一の地震にも強い建物を目指しました。

柱のせん断補強に溶接閉鎖型筋を採用


柱の主筋を囲むように巻き付ける帯筋は、柱のせん断強度を高める役割をしています。この帯筋に、溶接閉鎖型筋という鉄筋を使うことで、柱自体のねばり強さを更に高める効果があります(一部除く)。

※内装写真は現地モデルルームを撮影したも及び参考写真又はイメージです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。

ここが狙い目! 「『大宮』に近くて新しい街」

美しく、安心安全な未来を創る。

新しい街のゲートとなる西大宮駅北口周辺はさいたま市西部の新たな拠点として整備されていきます。利便・快適性に満ちた魅力ある都市機能と、ゆとりや潤いにあふれた自然環境との調和の中に、約13,000人の笑顔が弾ける街が誕生します。


マンションも戸建も
不動産の価値は駅の近さにあり!
購入時はもちろん、将来の売却時の価値を考えると
駅徒歩5分前後のエリアか否かで大きく差がつきます!


「ルピアコート西大宮」なら歩道で安全!
駅から信号なしでフラット!
便利さを実感しながら安心して暮らせます

住まい選びの基準となるのは、やはり駅からの近さ。中でも徒歩5分前後のエリア内かどうかは、将来の売却時の価値にも大きく影響します。「ルピアコート西大宮」は、駅徒歩6分という近さに加え、信号を渡らずに歩道のみを通ってわが家へ帰れる立地。安心と安全が約束されたポジションです。

「西大宮」エリアで探すなら
16号バイパスの内側がいい!
国道を渡るか否かで暮らしやすさに差がでます。

交通量の多い国道16号線は、駅前エリアと北部エリアとを隔てる境界線。これを渡るか否かで駅からの分数など利便性に差がつきます。「ルピアコート西大宮」はバイパスの内側に立地。また、通学校の指扇小学校へも幹線道路を渡らず安全なルートで通学でき、小さなお子様にも安心です。

※掲載の完成予想図は、設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。※内装写真は同仕様の参考写真及びイメージです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。

快適性

選ぶなら「『二重床・二重天井』は絶対条件」

将来のメンテナンスで大きな差が付く。


鉄筋コンクリートで造られるマンションでは、給排水配管が床・天井に埋め込まれていたり、下がり天井としているケースも見受けられます。そのような構造では、将来のメンテナンス時に大掛かりな工事が必要。二重床・二重天井なら、そんな心配はいりません。

見た目もスッキリ広々とした印象に。


「ルピアコート西大宮」では、球体ボイドスラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重床・二重天井を採用。空間に圧迫感を与える下がり天井が少なく、さらにアウトフレームレイアウトにより柱の出っ張りも軽減しました。すっきりとゆとりある暮らしを実感できます。

耐震性

戸建では真似できない「『拡底杭』の安心基礎」

■建物の基礎・杭基礎及び基本構造

足元をしっかり固めた堅固な構造
=「アースドリル拡頭拡底杭工法」を採用


約38.6m下の支持層に既成基礎杭をウエストコート:21本、サウスコート:18本(Ⅰ棟:10本、Ⅱ棟:8本)、イーストコート:17本、計56本打ち込むアースドリル拡頭拡底杭工法を採用(一部除く)。建物を力強く支える堅固な基礎構造を実現しました。

構造強度が増すダブル配筋造


外壁・戸境壁は、コンクリート内に鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋としました。シングル配筋よりも強度が高く、万一の地震にも強い建物を目指しました。

柱のせん断補強に溶接閉鎖型筋を採用


柱の主筋を囲むように巻き付ける帯筋は、柱のせん断強度を高める役割をしています。この帯筋に、溶接閉鎖型筋という鉄筋を使うことで、柱自体のねばり強さを更に高める効果があります(一部除く)。

※内装写真は現地モデルルームを撮影したも及び参考写真又はイメージです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。