インタビュー|江東区森下の新築分譲マンション|【公式】ルピアシェリール森下|都営新宿線「菊川」駅徒歩2分の新築分譲マンション

menu

江東区森下の新築分譲マンション|ルピアシェリール森下トップ > インタビュー

ご購入者様インタビュー

「ルピアシェリール森下」をご契約された皆様にご入居のタイミングにて、
当社の都市型コンパクトマンションを購入された理由、
物件選びの決め手などをうかがいました。

駅徒歩2分の便利さと安心、
キッチンの使いやすさで選びました。

■ 30分以内の通勤時間を叶えて。

—住んでいた賃貸の更新時期を控え、新たな住まいを探す当初は、賃貸を検討するものの、これはと思える物件に出会えなかった。家を購入したり、検討し始める同僚が増えてきて、自分も購入を考えるようになったというWさん。
「物件探しで優先したのは通勤時間です。電車で30分以内を条件に、新築、中古を併せた候補物件から絞り込みました」。この物件を決めた理由は駅徒歩2分、価格、スーパーなど周辺環境の充実にあった。将来的には、売ったり、賃貸に出したすることも考え、立地にもこだわったといいます。

マルエツ菊川店(徒歩4分/約260m)

■ 駅近は、それだけで安全・安心。

—以前はJR山手線の駅を利用する住まいだったそうですが、駅からは徒歩10分、夜道は暗く不安だったとか。「できれば駅近の物件を探していましたが、新築で見つけることができラッキーでした。普段は徒歩2分の菊川駅利用ですが、隣駅の森下駅まで歩いても7分。仕事で遅い帰宅となっても通りは明るいし、駅が近いというのは、それだけで安心です」。通りに面した立地だが、バルコニーが道路の反対側に面しているので、騒音が気にならないことも気に入っています。「部屋は南向きで日当たりが良く快適に過ごせそうです。目の前を遮るものが何もなく、眺望も満足ですね」。

眺望写真

■ 収納の豊富さとアイデアに感嘆!

—この物件の空間設計や設備の良さもお気に入りだといいます。「物件を探すときのポイントに、収納の多さがありました。他の物件はシューズインクロークがなかったり、ウォークインクローゼットも狭いとか、細かい設計面では不満でしたが、このマンションはシューズインクロークやウォークインクローゼットが広く、他の収納も豊富でした。洗濯物は外には干したくないので、室内干しができるランドリーレールも、嬉しい装備のひとつです」。部屋をマルチに使える引戸に溝がないので掃除がしやすそう、と笑顔で語る姿も印象的。

ランドリーレール

■ お気に入りはキッチンにも。

—Wさんが決定理由のひとつに挙げていらっしゃったのが独立型のキッチン。「オープンタイプのキッチンだと水跳ね、油跳ねも気になるし、動線的にもどうかなと。私が選んだプランだと、コンロと作業台がきちんと確保されているので、食材や調理道具の置き場に困らないし、キッチンに立つのも楽しくなりそうです」。食器棚が標準で装備されていることにも驚かれたご様子。「インテリアも新しい生活が動き出したら、少しずつ買い揃えていきたい」と笑顔で話していただきました。

キッチン作業台

愛着のある深川エリアで出会い、
私の思いに応えてくれる住まいです。

ウォークインクローゼット

■ 運命の出会いは、投函されたチラシ。

—ルピアシェリール森下を知るきっかけは、住んでいた賃貸にポスティングされたチラシだった。「前の家も気に入っており丸6年暮らしましたが、物も増えて手狭に感じたこと、契約更新を控えていたことから引っ越しを考え、その頃にちょうど本物件のチラシを目にしました」。また、知り合いがリノベーションされた中古物件を購入し、見せていただく機会があり、そうした気運にも背中を押されたといいます。「中古やリノベーション物件も視野に入れて探しておりましたが、今後の転勤や結婚で賃貸に出すことや売却を考え、新築の本物件に決めました」。

割烹みや古(徒歩12分/約900m)

■ 愛着のある深川エリア。

—家探しは、好きな街のひとつである錦糸町を起点とした界隈や愛着のある深川エリアでと決めていた。その中で住みやすい間取り、部屋のつくりの良さ、日当たり、そして値段もちょうど自分に合っていると感じたといいます。
また、「本物件は竣工していて実際のお部屋を見ることができ、入居後の暮らしがイメージしやすかったです。住まいの周辺には食事ができるお店も充実しており、これからの開拓が楽しみです」と笑顔で話していただきました。

シューズインクローク

■ 収納の多さ、広さも満足、部屋も理想的。

—部屋全体を眺めて自分としては理想的と話すSさんですが、特に収納の多さが魅力的だと満足な表情を浮かべます。「特に驚いたのは玄関の収納で、荷物の多い私にとっては大助かり。スーツケースをしまえるたっぷりの広さがあるし、趣味がボディボードなのでボードやスーツケースも玄関で収納できてしまう。他にも食器棚や洗面室の収納も多く本当に満足しています」。また、アクセントクロスやタイルを自分で選ぶことができることもポイントだったとおっしゃっておりました。

リビング・ダイニング(Aタイプ)

■ 初めてのマンションの購入、不安もあった。

—購入を考え始めた当初は、マンション購入のため、ローンを組むことが不安だったといいます。「ローンを組んでいる会社の先輩や金融の知識を持っている人に相談をして、金利が低いことや家賃の無駄などから、購入を勧められました。また、営業さんも親身になって相談に乗ってくださり、最終的には納得をして購入することができました」とこれからの暮らしに胸を膨らませお話をしていただきました。

自身の今後を見据え、
資産性の高い本物件に決めました。

■ これからの人生を考えて。

—“縛りのない生活が自由で気楽”という思いから、マンションを購入することは考えていなかったというKさん。昨今、老後2000万円問題が話題となり、これからの人生を考え始めたといいます。
将来は賃貸の更新も厳しくなるだろうし、ご友人にもローンは早めに組んだほうがいい、と言われたそうです。また周囲でも、住宅を購入する人がいて、いよいよマンション購入を自分事としてとらえるようになったといいます。

image

■ バルコニーの広さが、特に印象的。

—物件探しは、通勤しやすいことを前提条件として、新築マンションや中古マンションも見学に行かれたといいます。どれも一長一短、日当たりなど条件が合わず、物件を絞り込むなかで、本物件のモデルルームに足を運ばれたそうです。「この物件を選んだ理由は、日当たりの良さ、間取り、そして女性目線の仕様と設備です。また、特にバルコニーの広さが印象的でした。椅子を置いて読書を楽しんだり、何もせずただゆっくりと過ごすのもいいですね」とこれからの生活を楽しみにされているようでした。

眺望写真

■ キッチン・洗面化粧台の仕様の良さに感嘆

設備の中でもとりわけて気に入ったというのが、キッチンのかくれんBOX。「ゴミ箱を隠せるので、室内がスッキリとするのがとても嬉しいですね。またキッチンの壁がホーローパネルなのも気に入っていて、マグネット対応なので、タブレットを置いて好きなスポーツを見ながら料理したいです」と語ります。洗面化粧台についても三面鏡や化粧道具の収納など、化粧がしやすい仕様に魅力を感じたと話します。

かくれんBOX

■ 資産性の高さも、購入を決めた要因の一つ。

「売りやすいし、駅近物件という好条件も併せ、借り手にとっては魅力的な物件だと思います」と資産性についても購入を後押しした要因の一つと語ります。また、Kさんはポラスのことをご存知で、ご友人に購入された方もいて、よくお話を聞いていたそう。ポラスのマンションであるという信用性も購入の決め手となったそうです。「もうすでにこの新居に友人を招く予定があって、すごく楽しみなんです。この新居に引っ越したらお酒を飲んだり、好きな映画を観たりしてゆっくり過ごしたいですね」と笑顔でお話していただきました。

物件前通り

私も両親も、不満要素はゼロ。
幸運な出会いに感謝しています。

image

■ 資産となる「購入」を選択。

—もともと江東区にある社宅に住んでおり、森下周辺には馴染みがあったTさん。友人や会社の同僚など、周りでもマンションを購入する人が増えてきて、賃貸に住んで月々の家賃を払っていくより買った方が資産になると考え、購入を決意したそうです。将来、賃貸に出すことも考えており、価値が下がりにくい駅近は必須条件だったTさん。駅徒歩2分の利便性はとても魅力的だったといいます。

食器棚

■ 標準仕様の高さに驚き。

—「女性目線でつくり込まれている仕様が全て標準装備で驚きました。他のマンションはオプションの仕様が多かったのですが、食器棚も標準で装備されているこのマンションは、とてもお買い得に思えました。収納が自身の洋服や趣味の品、日用品など全てを収納でき、スッキリ生活できて嬉しいです。」また、「料理を頻繁にするので、前の家にはなかったグリルを使って料理の幅が広がります。」と笑顔でお話しいただきました。

洋室(Cタイプ:コラボモデルルーム)

■ ご両親も太鼓判を押す、満点の住まい。

—お住まい探しではご両親にもご意見をもらっていたそうです。「ほかのマンションは動線が悪かったり収納が少なかったりと、何かしらの欠点がありましたが、このマンションに関しては、不便や欠点を指摘する声はゼロでした。マイナス部分は全くなく、自信を持って購入へと踏み込むことができました。」と満足な表情を浮かべお話をするTさん。また、以前過ごしていた社宅は、実は日当たりに難があったそうで、自らのマンション選びでもこの点は重要視されたそうです。「日当たりの確認のために、朝、昼、夕とそれぞれの時間帯に訪問し、実際に良好な日当たりを確認できました。洋室にも窓があり、朝日を浴びて目覚めることができて嬉しいです。」

リビング・ダイニング(Bタイプ:コラボモデルルーム)

■ 実際のお部屋を見られる安心感。

—まさに満点の評価で本物件を選んでいただいたTさんですが、マンション購入についてのアドバイスをお訊ねしました。「私の場合は実際の物件を見て、判断や評価ができたことは本当にラッキーでした。ほとんどは似た間取りのモデルルームで、暮らし方をイメージするしかありませんが、数に限りがあるとはいえ、竣工後の物件を粘り強く探すことでしょうか。特にこのマンションは、家具が入っていない部屋でも、家具配置など実際の暮らしが想像できたことも決め手になりました。」今後は友人を招いてホームパーティをしたいと、これからの楽しみについてもお話しいただきました。

水周りのディテールの良さも
設備のセンスも、私好みでした。

■ 購入を考えるのが遅かったくらい。

—以前に住んでいた街は、利便性に関しては申し分なかったけれども、繁華街で騒々しく、住環境としては不満があったといいます。また、このまま賃貸に住んでいていいのかという将来への漠然とした不安から、女性のための快適住まいづくり研究会のセミナーに参加したそうです。「賃貸ではなく所有することのメリットを学ぶうちに、購入に対する考え方が変わっていきました。買うことのメリットに気づくのが遅かったくらいです。」

建物外観

■ 工夫やこだわりを感じる、女性目線の設計。

—初めてモデルルームを見学したのが本物件だったといいます。他のマンションに見学に行くものの最初に見た本物件が気になり、戻ってきたそうです。「特に気に入っている点は、水回りの設備です。キッチンにあるごみ箱を隠せる仕様や収納の多さ、使いやすさに惹かれました。女性の方がこだわって企画されているのだなと感じました。私はゴルフが趣味なので、ゴルフバッグがすっぽり収納できるシューズインクロークも助かります!」

ドライヤーフック

■ ずっと住むから、居心地の良さにこだわる。

—物件を検討する中で、T様は「部屋全体の空気感や色合い」がこだわりの一つだったそうです。「他の物件は、バスルームの色合いが嫌だなと思ったり、床や建具の色が、自分のカラーセンスと合わないところが目につきました。その点本物件の色合いは全体的に自分好みで文句なしですね。」日当たりの良さや部屋からの眺めもそうですが、モデルルームではなく、実際の部屋を確認できる「完成後販売物件」だからこそ得られる判断材料があることは重要だとおっしゃいます。「長く住む住まいだから、居心地の良さにはとことんこだわりました。」

バスルーム

■ 欠点なし。まさに「パーフェクト」な1LDK。

菊川駅徒歩2分・南向きという条件が大きな決め手になったようです。「自分が住む場合はもちろん、将来賃貸に出す場合も駅近だと安心です。また、部屋の向きについて検討当初はこだわりはありませんでしたが実際にいくつかの物件を見る中で部屋の向きは大切であると感じました。」 2駅3路線というアクセスの良さもポイントだったといいます。「新宿によく遊びに行くので、乗り換えなしでいくことができ立地は嬉しいです。」最後に、もっとこうだったらよかったなと思う点はありますか?とお伺いしたところ「ありません。パーフェクトです。」ときっぱり答えていただきました。

新宿

1