デザイン|<公式>ルピアコート市川妙典|新築分譲マンション

ルピアコート市川妙典

〈ポラスの想いを詰め込んだ全88邸〉
街と家族の新たなランドマークとなる
レジデンスへ。

外観完成予想CG

〈南仏スタイルのリゾート感ある空間〉
洗練された南仏スタイルのデザインを追求。

リゾート感を演出したエントランス。

ココスヤシ等を植えたパームガーデン(前庭)が迎えるエントランス。緩やかなカーブを描くアプローチにはテラコッタ調のタイルを、エントランス壁面には南仏の建築に多く見られる組石感あるタイルをあしらました。また、エントランス扉の両脇にハンキングプランターを飾るなど、潤い豊かな空間を表現しました。

南仏建築の風合いを表現したマテリアル。

外壁材には白を基調とした45 二丁掛タイルと、妻側の凹凸感ある45 二丁掛タイルを採用。外構部には石積調タイルをあしらい、。組石感あるエントランスの素材と合わせ、建物全体に南仏建築の風合いを表現しました。

参考写真

エントランス完成予想CG

※掲載の素材写真の色合い等は、実際とは多少異なります。また、採用素材は施工上の都合により変更になる場合があります。※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機等再現されていない設備機器等がございます。周辺道路・建物等は簡略化しております。 また、植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。