ルピアコート東大宮


外観完成予想CG

South View & Wide span

全55邸・南向きを叶える、
南にワイドな整形の地。

南側の開放感をしっかり確保


敷地南側に駐車場スペースを設けることで、
南の開放感をしっかり確保。

全邸「南向き×ワイドスパン」の贅沢設計


南にワイドな整形の地だから実現できた、
明るい住戸計画。

高いプライバシーにも配慮


暮らしの安心感を高めるため、住戸は2階以上とし、
1フロアに5邸のみとなっています。

Common space


上質なレジデンスを印象付ける、
車寄せのあるエントランス。

木々の潤いと奥行きのあるアプローチが美しいファーストシーン。庇のあるキャノピー(車寄せ)があるので、
同乗者の乗り降りや荷物の積み下ろしもスマートに行え、雨の日も濡れる心配はありません。

エントランス完成予想CG

Entrance hall

ギャラリーのような優美さを
湛えるウェルカムシーン。

レジデンスのウェルカムシーンとなるのは、ギャラリーのような優美さを湛えるエントランスホール。空間を包むように張り巡らしたのは、国産の杉で設えたウォール&天井ルーバー。その隙間から漏れる明かりや天然木のオブジェ、正面のピクチャーウィンドウから臨む坪庭の木々が、帰宅の安堵を深めるとともに美しい暮らしを予感させます。

[デザイン監修]

株式会社インタープラン・デザインセンター

Kenya Fukuda

福田 健也

「シェアリビング」という、
もうひとつのリラックス空間。

太陽に満たされたレジデンスが内包するのは、森林国・日本が誇る木のやすらぎ、そして人と人とのつながり。
これからの集合住宅のあるべき姿として、
建築の美しさはもちろん、コミュニティに暮らす喜びや意義を真摯に考えました。

Share living

木の香りに満たされる、
「シェアリビング」空間。

お住まいになられる方々の第2のリビングを目指し、ラウンジには<シェアリビング>という発想を取り入れました。インテリアとしての美しさはもちろん、肌触りや香りの良さにこだわり、国産の良質な天然木をふんだんに使用。リラックス感あふれる空間で、最新号の雑誌を読んだり、歓談の時を過ごしたり、週末キャンプのグッズを手配したり‥。思いおもいの時をゆっくりとお過ごしください。

Interior materials

リラックス感を深める
マテリアルとして選んだのは、
良質な「木」で名高い、飯能・西川の杉を採用。

香り。質感。肌触り。そして洗練された表情にこだわり、デザインウォールなどの内装建材には、国産杉の中でも良質材として名高い「西川杉」を採用。大切に育てられた良い材を選ぶため森へ足を運び、美しい木目を製材所で確認。さらに木の香りが失われない乾燥方法にまでこだわりました。


エントランスに使用する杉が育った森と木を育てた
井上淳治氏

Mind to share


雑誌の最新号が無料で読める
「フリーライブラリー」で、
楽しみをシェア。

「J:COMブックス」の導入により、フリーwi-fiを使って、雑誌などの最新号を読むことができます。お買い物前に立ち寄ってレシピをきめたり、お子さまの絵本などもここでよんであげれば、時間もお金も無駄なく賢く。

image

アウトドアグッズなど、時々しか
使わないアイテムを揃えて、
便利をシェア。

「脚立」「台車」「高圧洗浄ケルヒャー」「DIY工具セット」「BBQコンロ」「クーラーBOX」「キャンプ用チェア」「自転車空気入れ」など豊富なシェアアイテムをご用意。インターネットによる管理で、貸し出しの手続きは、スマートフォンでサクッと便利。

万一の際は
「みんなの防災拠点」として、
安心をシェア。

東日本大震災を教訓に、万一の震災時には、「みんなで使う、みんなで助け合える」防災を考えています。防災倉庫に備えた備品もまた、大震災の経験を元に選定。カセットボンベを常備し発電する「エネポ」を採用しスマートフォンの充電にも対応します。

※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機等再現されていない設備仕様機器等がございます。
周辺道路・建物等は簡略化しております。また、植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載の各階平面図は計画段階のもので、変更となる場合があります。
※掲載のイメージイラストは計画段階のものであり、変更となる場合があります。